依存症とストレスの関係

スポンサーリンク

依存症とストレスの関係

ストレスが溜まると依存症は加速します

パチンコに限ったことではありませんが日頃のストレスが依存症に繋がりさらに加速させます。
毎日の仕事、対人関係などストレスなく快適に過ごすことができているという方はあまり多くないと思います。

 

 

そういった日常のストレスを発散させるためにゆっくり過ごせる時間であったり、大好きな趣味を持つというのが自然なことなんですよね。

 

 

パチンコが趣味でストレスを発散したいという方もいらっしゃると思います。
大当たりすれば嬉しい気持ちになりますし一時的にお金が増えたりするんですから病み付きになってしまいますよね。

 

 

そうしていくうちに仕事帰りや休日にパチンコを打ちに行くようになるということです。

 

 

これが依存症です。

 

 

最初はストレス発散の趣味だったかもしれません。
でも今現在パチンコを打ち続けているという方は果たしてストレス発散できていますか。

 

 

負けてイライラしたりしてストレスを発散するどころか逆に貯めてしまっていませんか。
仕事を始めとした日常のストレスを発散するためにパチンコを打ちに行っているのにそれでは逆効果です。

 

 

さらにそうした状態を続けていくとストレス発散が目的ではなくなっていきます。
あなたがもしも打ちに行くときに「気分転換に行こう」と思うなら目的はストレス発散です。

 

 

目的を達成できるかどうかはともかく少なくとも趣味で行っていると言えます。
ですが「今日は何万勝つ」とか「何連チャンする」と考えて家をでるならそれは趣味とは言えないですよ。

 

 

「勝つために行ってる」「遊びじゃない」「お金を増やしたい」そういう気持ちを一切持たずに無欲で行くなんて無理なのは当然ですよね。

 

 

ただ上記のような気持ちが本当にあるならパチンコをやめるべきです。

 

  • パチンコは勝つものではありません。

 

  • あくまで遊びで趣味です。

 

  • お金を増やしたいならなおさら行くべきではないです。

 

 

 

加えてストレス発散もできないようならあなたには合わない方法なのかもしれませんね。
違ったストレス発散方法を探してみる必要があります。

スポンサーリンク