協力者をみつけよう

スポンサーリンク

協力者を見つけよう

協力者を見つけてみましょう

自分の力だけではどうしようもないならば協力してくれる人をみつけたなければいけません。

 

この協力者なんですけど、誰でもいいわけではありません。
なるべく親しい人がいいです。
あなたが依存症であることを告白できて、悩みも無理なく打ち明けれる相手ですね。

 

親友などでもいいのですが、可能ならば金銭の管理や行動の制御すらできてしまう家族などが理想です。

 

加えてあなたの悩みを聞いて心身に受け止めてくれる人です。

 

ただやたらめったらに「そんなことしてバカだな〜」とか「意志弱いね」と言った言葉を投げつけるだけの人ではいけません。

 

協力者をみつけたら恥ずかしがらずに悩みを打ち明けましょう

あなたが徹底的な行動ができるよう監督してもらいます。

 

金銭の管理やスケジュールを作成してもらうくらいでもやりすぎではないです。パチ仲間がいる人ならばその人も一緒にやめれるようにお互いが監視役になるなんていう方法もとれます。

 

 

そして、監督をお願いした以上その人に従ってください。
主観的に「1ヶ月我慢したのだから少しくらいいいだろ」というような意見で逆らってはトラブルの元です。
この期間は自らの意見を殺してしまうくらいでもいいです。
人それぞれプライドもありますし、すごく大変なことですが一生そうしなさいというわけではないのですからがんばってみませんか。

 

「そこまで束縛されるのはごめん」という方はなんとか自分ひとりでがんばるしかないと思います。

 

つよい意思と目標をもってがんばっていきましょう!

 

>>「協力してくれる方たちへ」へ進む

スポンサーリンク