パチンコはギャンブル?

スポンサーリンク

パチンコはギャンブル?

パチンコはギャンブルなのでしょうか

パチンコは趣味の領域を超えて、賭博である。

パチンコは娯楽でなく、ギャンブルだ。

 

アンチパチンコの人たちの中ではこのような厳しい意見を聞くこともあります。

 

僕自身もパチンコにはまっていた時期に一ヶ月のアルバイトのお給料をパチンコで2日で失くした経験もあります。

 

とても日常の生活では考えられないことで「こんなの博打だ」と思っていた時期もありました。

 

ですが、今の僕の意見は
パチンコはギャンブルではないです。
あくまで趣味であり、娯楽です。
やりたい時にやればいいですし、やりたくないなら誰も強要しません。

 

ここまでギャンブルだといわれるのは、やはりユーザーである僕たちが趣味の域を超えてしまっているからです。

 

再びご飯を食べにいく例と比べてみましょう

どうしても食べたいメニューがあるけどお金が足りないなら頼まないですよね?
金額が安くて、次に食べたいものを選ぶと思います。

 

では、現金は足りないけどクレジットカードが使えるお店でカードにも余裕あったらどうします?
頼んでカード切ります。

 

パチンコも同じです。
お財布に5000円しかなければそれ以上支払うことができませんし、10000円あれば全部使ってしまう可能性がでてきます。

 

普通のお店と違うのは、例えお財布に10万円入っていたとしても1000円しか払いたくなければそれでいいという点です。

 

 

このようにあくまで趣味としていくらまで支払うことができるかは僕たちの任意です。
100円玉や500円でもできるお店もあるのですからそれ以上だしたくないならださなくていいです。

 

さらに言うと、100円でも10万円でも受けれるサービスは平等です。
ご飯を食べにいったら100円では満足に食べることができないものと10万円でフルコースという違いはありますが、パチンコではどちらにしても同じことです。

 

10万円支払ってもいっぱい大当たりをくれるわけではないです。

 

自分の趣味としていくらまでなら支払っていいかなというのを考えないで打ってしまうと瞬く間にギャンブルの域へと踏み込んでしまいます。

 

パチンコを趣味、娯楽とするかギャンブル、賭博とするかは他人が決めることではありません。
僕達自身が趣味として認識できるようにしていくことが重要なんです。

 

当サイトはパチンコをすることを否定する、あるいはダメなものだからやめようという目的ではなく、パチンコを深く認識した上で依存症を克服しようという趣旨で運営しています。

 

あなたはパチンコを趣味として楽しんでいますか?
このことをもう一度考えなおしてみてください。

 

>>「金銭感覚」へ進む

スポンサーリンク