金銭感覚

スポンサーリンク

金銭感覚

パチンコをやめる必要性は金銭感覚にあります

それでは、パチンコを趣味レベルで楽しんでいる。という人はやめる必要はないのでしょうか。

結論は無理にやめる必要はないです。

 

 

趣味なんだけどもうやめたいという人もいることと思います。

 

やめたい理由は人によって様々ですが、趣味なんだからいいいよねと他人が言っても本人はやめたいのですからそういう人はやめたほうがいいです。

 

なぜかといいますと、パチンコユーザーはパチンコをしない人と比べて金銭感覚が麻痺しています。
価値観やお金を支払う対象などはそれこそ人によって無限の違いがあるのでただ金銭感覚がおかしいという理由でやめたほうがいいというわけではないです。

 

 

僕が一番危険に感じるのは、負け額よりも勝ち額です。
近年のマックスタイプなどは確変が20連、30連続くこともあり、一日で10万はおろか20万、30万を手にする可能性すらあります。

 

 

これを聞いて胸躍ってワクワクしましたか?
危険です。やめてください。
必ず出るわけではないです。ましてや10万失う可能性のほうが高いです。もっと言うなら、そもそもそんな台は置いてないです。

 

 

大金をいとも簡単に手に入れられると錯覚して大切なお金を支払ってはいけません。
もらえるかどうかわからないものに何万円もつぎ込まないでください。

 

仮に運よく当たりを引いて20万円勝てたとします。
嬉しいですよね。僕もそういう経験がありました。

 

働くのがバカみたいになってきますよね。
ならなかったとしても一ヶ月のお給料が少なく見えてきます。

 

勝って喜ぶ前に大金が転がり込むことを恐れてください。
別に大きく稼ぐことを悪いといっているわけではないです。

 

パチンコで得たお金はあぶく銭です

真っ当な手段で労働や商売の結果としてならいくらでも稼いでください。
ただ、パチンコでの勝ち分はあぶく銭です。

 

一時的に手に入れたあぶく銭で通常の金銭感覚は破壊されていきます。
また、あぶく銭を手に入れるまでにいくら投資しましたか?

 

あぶく銭は無償のお小遣いとして貯金されていますか?

 

多くの人は今までの負債額を減らした程度、そしてそのお金を軍資金に再びあぶく銭を求めてパチンコ店に行ってしまいます。

 

 

金銭感覚の狂いは負けだけではなく、むしろ勝ちから生まれやすいです。なので、やめたいと思っているのであれば趣味の域であったとしてもやめるようにしたほうがいいです。
金銭感覚が既に狂っていると思われた方もパチンコから離れれば徐々に直っていきます。

 

僕と一緒にがんばっていきましょう!!

 

>>「時間は有限」へ進む

スポンサーリンク