依存症は病気?

スポンサーリンク

依存症は病気?

依存症は病気なのでしょうか

パチンコに限らず、ギャンブルやタバコ、ドラッグなど依存性のあるものは世の中に多く存在します。

 

最近ではネット上のオンラインゲームや出会い系サイトなどに深く依存してしまう人もいるようです。

 

 

こういったものを普通の人より過度にのめりこんでしまう人のことを一般的に依存症といいます。

 

この依存症は病気なのでしょうか。
程度の違いや色々な意見があります。
初期段階では依存症とはいえない。
依存症は病気だから薬が必要。
意志の力で直らないのが依存症。
依存症は病気とはいえない

 

僕はお医者さんではなく、専門家でもないのでどの情報が正しくてどれが間違っているとはいえないです。

病気かどうか考えるより大事なことがあります

当サイトでは依存症が病気かどうかということに関しては深く言及するつもりもないですし、克服にむけても病気と思いなさいと言うつもりもないです。

どちらかと言うと、病気かどうかはたいした問題じゃないです。

 

 

 

ですが、僕自身客観的に見れば重度のパチンコ依存症でしたが、薬やお医者さんに頼らなくとも自らの意志で克服することができました。

 

病気かどうかを考えるよりも克服するために必要な具体的な考え方や行動がより重要なんだと気づいたからこそ当サイトを運営しております。

 

克服のためには依存症が病気かどうかに関わらず、ご自身を依存症なんだと認識していくことの方がより大切なことです。

 

次の「依存症に陥るということ」でくわしく解説しておりますので、依存症が病気かどうかは深く考えないで、読み進めていただけたら幸いでございます。

 

>>「依存症に陥るということ」へ進む

スポンサーリンク