依存症に陥るということ

スポンサーリンク

依存症に陥るということ

やめようという気持ちは大事にしましょう

ここまでの記事はご覧いただけましたでしょうか。

まだの方は先にこれまでの記事をお読みいただければ幸いでございます。

 

→パチンコ依存症とは?

 

 

ここまでの記事をご覧になられて
パチンコやめたいと思われた方はこれからもその気持ちを持ち続けてください。
自分はやめなくてもいいやという方は今後も素敵なパチライフを楽しんでいただけたら幸いでございます。

 

 

やめたいとおもわれた方はどうしてそのように思われましたか。
当サイトを見たときからやめるつもりだった
今までの記事を見ててパチンコがばかばかしくなった
違うことを始めてみたくなった

 

どのような理由であれやめようという気持ちが芽生えたのであれば、その気持ちはこれからも大事に持ち続けてください。
僕も全力で応援させていただきます。

 

依存症を自覚することが本当に大切なんです

やめようと思ったあなたは今、依存症でしょうか?それとも単なるパチンコ好きでしょうか?

 

どちらにしろこれから先は、自分は依存症なんだと自覚してください。最初に依存症かどうかのチェックをしましたが、該当するものがなかった人も該当したけど納得できないという人もみな例外なく自分は依存症だと認識してください。

 

これまでの記事はパチンコユーザーの多くは見たり聞いたりしたことがあって、頭では十分理解している内容も含まれています。

 

にもかかわらず、勝てないものだと思いながらパチンコに行ってしまうのは依存症という自覚がないことと、やめる意志がないことが原因です。

 

ここを読まれているあなたはやめる意志はあります。
あとは依存症を自覚するだけです。

 

なにもややこしく考えなくていいですよ。
依存症ってなんだっけ?とか病気なんだから薬をとか考えなくていいです。

 

とにかく自分はパチンコしすぎだくらいでもいいので自覚してください。
頻度が少ないから依存症じゃないけどやめたいなと言った考え方はむしろ逆効果です。

 

パチンコをやめられない多くの方が心のどこかで「自分は違う」と思っています。

 

「パチンコはお小遣いの範囲で楽しむもので、のめり込むのは愚かなことだ。」

 

その通りです。
みなさん頭ではわかっていること、十分すぎるくらいに理解していることです。

 

ただ自覚はできていないんです。

 

あくまでそういう人がいるという他人事であって自分は違うと思っています。

 

くどくなっちゃいますがみなさんそう思っています。

 

他人事ではいつまでたってもやめることはできないんです。

 

 

客観的にみたら軽度に思えたとしても、自分の中では中毒くらいに思っても丁度いいです。

 

僕も「自分は中毒で異常者だ」と呪文のように言い聞かせていました。

 

 

十分に自覚できたら喜んでください。

 

自覚しすぎて依存症なのかと絶望しては本末転倒です。
決して劣等感や自己嫌悪感をもってはダメですよ。
これからはやめれる、やめた後は色々なことができると、これからの幸せを思い描いて喜びましょう。

 

やめる気持ちと自覚が揃ったら、次は決心をかためます。
決心を固めないとやめるのが難しくなります。
ここでちょっとしたコツがありますので次で説明させていただきます。

 

>>「パチライフを見直そう」へ進む

スポンサーリンク